コードについての解説ページ

※このページは移行前の旧サイトに存在していたものです。

このページは、新入部員の人達など、これからアドリブをしようとしている方たちの理論習得への「きっかけ」になればと思って作りました。どんどん分かりやすくしていきたいと思いますので、BBSに、感想、質問、指摘など、たくさん書き込んでくれれば幸いです。

アルファベットの意味

コードといえば、Amとか、C7とか、そんなんです。
まずこのAとかCとかいったアルファベットの意味が
さっぱり分からない人もいると思うので
その意味から解説していきましょう。

簡単です。

C = ド
D = レ
E = ミ
F = ファ
G = ソ
A = ラ
B = シ

と、表しただけです。

だから、C#はド#にあたります。

ではB♭は?

もちろんシ♭です。

さて、ここで少し
アルファベット表記に慣れる練習をしてみましょう。

やり方は簡単で、曲に書いてあるコードの
アルファベットの音を一定のテンポで
G-C-F-B♭-・・・
などと追うだけ。
考える間もなく出来るようにしましょう。

このとき出している音が
それぞれそのコードの一番基本となる音で、

根音(ルート音)

と言います。

たとえば、
Gmの根音は、Gです。

 

音程差

音程差の話をする前に
一種類だけスケールを紹介しておきます。

それは・・・

イオニアンスケール
というスケールです。

このスケール、名前はイカツイですが
とっても簡単。

いわゆる、
「ドレミファソラシド」
です。

アルファベット表記では、
「C D E F G A B C」
ですね?

ちなみにこれは、Cイオニアンスケールと言います。

ある基準の音から、(ここではCの音)
「 全音→全音→半音→全音→全音→全音→半音 」
の順に音が上がっていくスケールを
イオニアンスケールといいます。

このスケールはCが基準の音だったので
Cイオニアンスケールという名前になったのです。

Cイオニアンスケールで、Cに対して

Dは二番目
Eは三番目
Fは四番目・・・

という風に並んでいます。

だからこの並びの順に、
1 2 3 4 5 6 7
と数字で表すことが出来ます。

このイオニアンスケールが
音程差にどう関係しとんじゃい?
ってことなのですが、

音程差にはそれぞれ名前がありまして、
その名前をつけるに当たって、
イオニアンスケールの
音の並ぶ順番が基準になっているんですね。

つまりはこういうことです。

(名前)    (音程差)
一度  =  1-1
長二度  =  1-2
長三度  =  1-3
完全四度  =  1-4
完全五度  =  1-5
長六度  =  1-6
長七度  =  1-7
完全八度  =  オクターブ上

ということになるんですよー。
わかりました?

長とか完全とかいった言葉の違いは、
今は気にしないでね☆

じゃあ、
♭とか#がついた音との音程差はどうなるの?

ということになると思うのですが、

それは以下のとおりです。

(名前)    (音程差)
短二度  =  1-2♭
短三度  =  1-3♭
増四度  =  1-4#
減五度  =  1-5♭
増五度  =  1-5#
短六度  =  1-6♭
短七度  =  1-7♭

♭には「短(たん)」「減(げん)」という字が、
♯には「増(ぞう)」という字が
付くんですねぇ。

何で五度だけは減五度になるか気にしません。

アドリブをする際、
この音程差を覚えることが必要になります。
これは頭で分かっていてもダメです。

感覚で覚えおくことが大事です。

まず短三度、長三度、完全五度から覚てみましょう。

やり方は簡単です。
たとえば

Gm7-C7-F-B♭M7-・・・
というコード進行があったとします。

〝m”がついているコードを
マイナーコードと言い、その根音の
「短三度」の音がそのコードを特徴づける音です。

〝m”がついていないコードを
メジャーコードと言い、その根音の
「長三度」の音がそのコードを特徴づける音です。

それぞれ、コードを特徴づける三度の音で、
B♭-E-A-D-・・・
と、一定のテンポで演奏出来るようにしましょう。

これも考えないでもできるように
体に染み付かせましょう。

つぎは、同じコード進行で
その根音の完全五度の音を使って演奏出来るようにします。
同様にして、体に染み付くようにしましょう。

やり方は簡単ですが
これらは慣れるまでちょっと難しいかもしれません。
根気強くやりましょう。

次は
短七度、長七度で
演奏できるようにしてみましょう。

先ほどの、
Gm7-C7-F-B♭M7-・・・
のコード進行を例にとります。

〝7”がついたコードは
セブンスコード
と言います。

〝M7”がついたコードは
メジャーセブンスコード
と言います。

セブンスコードは短七度で、
メジャーセブンスコードは長七度で、
7がついていないのも、とりあえず長七度で。

なめらかに演奏しましょう。

 

スケール

いわゆる
「ドレミファソラシド」
がスケールの一種です。

スケールとはそんな感じのものです。分かりますね?

あるコードに対して、
使えるスケールというものがあります。

アドリブをする際、
このスケールを自在に操ることが必要になります。

どこでどんなスケールが使えるのか、
それを手っ取り早く書いて行きたいのです。

が、

世の中そんなにうまくいかないものです。
その前に、

IIm7-V7進行(トゥファイブ進行)
なるものを説明する必要があるのです。

「 C D E F G A B 」
のCイオニアンスケールで、

音程差の話の時は
1 2 3 4 5 6 7
と表しましたが、ここでは
「 I II III IV V VI VII 」
とローマ数字で表します。

音程差の話ではなく、
コード同士の関係についての話なので、
表記の仕方を変えるのです。

このとき、I であるCのコードを
トニックと言います。

とすると、Dm7をIIm7と表すことが出来ます。
G7はV7と表すことが出来ます。

トニックがCの時の話ですよー。

ではFM7は?
IVM7です。

Amは?
VImです。

こうして表したとき、
IIm7→V7→ I
というコード進行がとても気持ちいいのです。

なぜ気持ちいいかというと、
まず、V7は、I のコードに強く行きたくなる性質があります。
だから、V7→ I という進行は気持ちいいのです。

この進行のことを、
V7→ I=ドミナント進行
といいます。

次に、IIm7はV7に行きたくて仕方ありません。
なので、IIm7→V7という進行も気持ちがいいのです。

この進行のことを
IIm7→V7=サブドミナント進行
といいます。

この、なんとも気持ちのいい
ドミナント進行と、サブドミナント進行の合体技を、
IIm7-V7進行
というのです。

ではDがトニックならどうなるでしょう?

Dのイオニアンスケールは、
D E F# G A B C# D
です。なので、

IIm7→V7

Em7→A7

になります。

ついてきてますかー?

OKなら、Fがトニックのときの
IIm7-V7進行を考えてみましょう。

「もうだめー(×o×)」って人はもう休みましょう。

そして明日からまた頑張りましょう。

で、このIIm7-V7進行が
スケールとどう関係があるんじゃい?
ということなのですが、

大有りです。

端的にいいますと、
IIm7で使えるスケールと
V7で使えるスケールは、
I で使えるスケールとほぼ同じなのです!!

トニックがCの場合、

I で使えるスケール、
IIm7で使えるスケール、
V7で使えるスケールを、
順に書いていくと、

C D E F G A B C
D E F G A B C D
G A B C D E F G

になるのです。
ほぼ同じでしょ?

始まる音が違うだけ。

だから、たとえば
Gm7-C7-F
というコード進行は、

Fのトゥファイブ進行と考えていいので(わかりますよね?)
このコード進行でアドリブする際には、
F G A B♭ C D E F
のFイオニアンスケールの音が使えるってことなのです。

では、
Gのトゥファイブ進行を自分で作って、
そのコード進行で使えるスケールを考えてみましょう。

 

IIm7ーV7進行のスケール

トゥーファイブ進行では
トニックで使われるスケールの音が
そのまま使えると言いましたが、

IIm7で使えるスケールと
V7で使えるスケールの
名前はどんなんでしょう?

ずばり、
ドリアンスケール
と、
ミクソ・リディアンスケール
です。

名前なんて覚えなくてもいいんですが、
どんなスケールが
ドリアンで、ミクソリディアンなのかを
知っておくのはいいと思います。

ドリアンは、
イオニアンスケールの
「3番目」と「7番目」の音が半音下がったスケールです。

Cイオニアンスケールの
C D E F G A B
が、Cドリアンスケールになると、
「 C D E♭ F G A B♭ 」

になります。

ミクソリディアンは、
ドリアンより簡単で、
イオニアンスケールの
「7番目」の音だけが半音下がったスケールです。

Cミクソリディアンスケールは、
「 C D E F G A B♭ 」
ってことになります。

では、たとえば
Gドリアンスケールは?

Gイオニアンスケールが
G A B C D E F#
なので、

Gドリアンスケールは
「 G A B♭ C D E F 」
ということになります。

おわかりでしょうか?

Aミクソリディアンスケールは?

Aイオニアンスケールが
A B C# D E F# G#
なので、

Aミクソリディアンスケールは、
「 A B C# D E F# G 」
になります。

おわかりでしょうか?

この3つのスケール
イオニアン、ドリアン、ミクソリディアン
が一通り演奏できるようになると、
少しアドリブが上達すると思います。

次にそのスケールの練習方法を
紹介したいと思います。

まず、
Gm7-C7-F-B♭M7-・・・
というコード進行があったとします。

とりあえず、
“m7”がついたコードは
「ドリアン」で、

“7”だけがついているコードは
「ミクソリディアン」で、

アルファベットだけのコードは
「イオニアン」で、

“M7”とついたコードは、
う~ん。

場合によって使えるスケールが違うのですが、
「イオニアン」で行っちゃいましょう。

スケールに慣れるというためだけの練習なんで。

ひとつのスケールが
スラスラ~と演奏できるようになれば
次のコードに移る
って感じで丁寧に練習しましょう。

この練習は
1コーラス分通すだけでも効果があると思います。
なんたって1コーラス中で
何回も同じスケールを練習することになるんですから。

 

IIm7(-5)ーV7進行のスケール

上で説明したIIm7-V7進行と似た感じですが、
これはIIm7ではなく
IIm7(-5)なんですね。

それがどうしたって感じですが、
(-5)がくっつだけで
ただのIIm7-V7進行とは
ぜんぜん違ってくるんです。

なぜかっていうと、
この進行はトニックがメジャーコードではなく、
マイナーコードときに使われる進行
だからです。

つまり、トニックがCのときは
「 Dm7 - G7 - C 」

トニックがCmのときは
「 Dm7(-5) - G7 - Cm 」
となります。

では、ここで使えるスケールは?

とりあえず、
I mで使えるスケールのひとつを言うと、
エオリアンスケール
です。

これは別名 ナチュラルマイナースケール とも言い、
全音→半音→全音→全音→半音→全音→全音→
と進むスケールで、

Cエオリアンスケールは
C D E♭F G A♭B♭
です。なので、

Dm7(-5)、G7で使えるスケールは、
それぞれ
D E♭F G A♭B♭C
G A♭B♭C D E♭F
となります。

フラットの位置が同じですねー。
名前はそれぞれ

ロクリアンスケール
フリジアンスケール
といいます。

他にも使えるスケールがあるのですが、
はじめはこれぐらいにしておきましょう。

では、練習方法に移ります。
普通のIIm7-V7- I は同じようにして、
IIm7(-5)-V7- I は、

それぞれ、
ロクリアン、フリジアン、エオニアン
のスケールで演奏してみましょう。

これで、ほとんどの曲をある程度こなすことが
できるようになると思います。

今まで、いろんな名前やらコードやら出てきて
わけが分からなかったりしたかもしれませんが、
やれば誰にでもできます!

めんどうだとは思わず、
ちょっとずつでもやってみてください。
アドリブが面白くなってくるはずです。

 

ブルーノートスケール

忘れていました。
簡単にアドリブできる曲を。

それは~?

ブルースです!!

そしてブルーノートスケールとは、
ブルース進行なら、どんなコードであっても
不思議と合ってるように聞こえる
使い勝手のいいスケールのことです。

このスケールは、
1  3♭ 4  5♭ 5  7♭
の音を使ったスケールです。

よく使われるのが、
Fブルーノートスケール。

もちろんFブルースで使われます。

F  A♭ B♭ B  C  E♭
がFブルーノートスケールです。

ではB♭は?
B♭ D♭ E♭ E  F  A♭
です。

ではさっそく

ブルースでアドリブをとってみてください!
それはもう簡単にできますよ!!

PAGE TOP